【慶應大病院】診断つかない病気の専門外来を新設。遺伝子の分析を行うことで原因を

スポンサーリンク
1: 6564億円◆o8vqQW81IE 投稿日:2016/01/31(日)09:52:23

通常の診察では診断のつかない病気に対し、
遺伝子の分析を行うことで原因を突き止めようという専門の外来を、慶應大学病院が今月、新たに開設しました。

東京・新宿区の慶應大学病院は、今月、新たに「未診断疾患外来」を開設しました。
この外来では、さまざまな症状がありながら従来の検査では診断のつかない患者について、
かかりつけ医から患者の情報を受け取り何の病気か検討します。
そのうえで、家族にも同じような症状が見られたりするなど、遺伝的な原因の可能性が高い場合には、
遺伝子分析を行い、病名を特定したり病気の研究につなげたりするということです。
また、慶應大学病院では、iPS細胞を使った医療について情報提供する
「iPSコンサルテーション外来」も新たに開設し、パーキンソン病など14の病気について、
かかりつけ医からの紹介を受けた患者を対象に専門の研究者が国内外の研究の進捗(しんちょく)状況などについて説明するということです。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
NHKニュースweb 1月31日付け
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160131/k10010392031000.html

引用元: ・【生活/健康】診断つかない病気の専門外来を新設 慶應大病院 [H28/1/31]

2: 【又吉】 【1873円】 投稿日:2016/01/31(日)13:41:03 ID:Gfi
「岸先生、出番です!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク