中南米で流行の「ジカ熱」、ポルトガルや英国などに拡大 

スポンサーリンク
1: ◆qQDmM1OH5Q46 投稿日:2016/01/28(木)11:31:54 ID:GHd

 【サンパウロ=宮本英威】ブラジルを中心とした中南米地域で蚊が媒介する
感染症「ジカ熱」が広がっている問題で、同地域を旅行した欧米人の感染が相次ぎ明らかになった。
ポルトガルでは27日までに5人の感染者が確認され、
デンマークや英国、米国でも地元メディアなどで感染が報道された。

ジカ熱は頭痛や関節痛などの症状が特徴で、人から人へ二次感染の恐れはないとされる。
ただ、予防薬や特効薬はない。妊婦が感染すると新生児の脳の発育が不十分になる
「小頭症」につながると疑われており、欧州などでも警戒感が広がっている。

ブラジルでは全27州のうち24州に感染が拡大している。
昨年10月以降、今月23日時点までで4180件の小頭症の症例が報告された。
ルセフ大統領は27日には短文投稿サイトで、蚊の発生源となる水たまりをなくすように呼びかけた。

続き 日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H1N_Y6A120C1EAF000/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 35◆◆◆
/r/open2ch.net/newsplus/1452776325/833

引用元: ・【防疫】中南米で流行の「ジカ熱」、欧州に拡大 ポルトガルや英国 [H28/1/28]

2: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/28(木)11:49:36 ID:8PL
まだワクチン作れないのかな。全人類規模でかなり深刻な脅威だと思うが。

3: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/28(木)12:32:20 ID:UE2
南米からの入国を制限しろ

4: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/28(木)17:51:05 ID:19U
現状では地道に蚊の発生源を減らしていくしかないのが辛いな

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク