【理化学研】エイズウイルスの細胞間感染の新たなメカニズムを解明

スポンサーリンク
1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 17:57:18.59 ID:CAP

エイズウイルスの細胞間感染の新たなメカニズムを解明 | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160118_1/

要旨

理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター粘膜システム研究グループの大野博司グループディレクター、
環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループの長田裕之グループディレクターと
熊本大学エイズ学研究センター・国際先端医学研究拠点施設(鈴プロジェクト研究室)の鈴伸也教授らの共同研究グループは、
エイズ(後天性免疫不全症候群)[1]の原因ウイルスである「HIV-1[2]」が細胞から細胞へと感染拡大する際の新たなメカニズムを解明しました。

細胞膜の細い管である細胞膜ナノチューブ(tunneling nanotube、TNT)は、離れた2つの細胞同士を連結することで、細胞間の素早い物質交換を可能とする手段として知られています。
大野グループディレクターらは2009年に、M−Sec[3]という分子がTNTの形成因子であることを発見しました注1)。

HIV-1は、CD4という表面分子を持つTリンパ球(CD4+Tリンパ球)[4]とマクロファージ[5]という2種類の免疫細胞に感染します。
これらの免疫細胞の中で増殖した新たなHIV-1は、未感染のCD4+T細胞やマクロファージへと感染することで、これらの免疫細胞の機能不全や減少を引き起こし、
最終的には感染者が(あるいは個体が)免疫不全に陥ります。

このようにHIV-1が感染拡大していく経路には、一度、HIV-1が感染細胞の外に出て周囲の未感染細胞に感染する経路のほかに、
TNTを介してHIV-1が感染細胞から未感染細胞に移る経路が知られていますが、そのメカニズムは明らかにされていませんでした。
共同研究グループは今回、HIV-1がTNTの形成を促進することでTNTを介した細胞間感染の効率を上げていること、
さらにTNTの形成を抑制する化合物によりHIV-1の細胞間感染が約半分に抑えられることを発見しました。
TNTの形成を抑制する化合物を応用することで、これまでの薬剤とは異なる作用メカニズムに基づく新たな抗エイズ薬の開発が期待できます。

本研究は、米国の科学雑誌『Journal of Immunology』に掲載されるのに先立ち、オンライン版(1月15日付け:日本時間1月16日)に掲載されました。

注1)2009年11月23日プレスリリース「細胞間を連結する細胞膜ナノチューブの形成因子「M-Sec」を発見」

引用元: ・【医学】エイズウイルスの細胞間感染の新たなメカニズムを解明 異なる作用メカニズムによる新規エイズ治療薬開発の可能性

2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 17:59:43.13 ID:pBSUp08h.ne
エイズウィルス
HIVだろ

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 19:45:19.90 ID:KqsVoL0D.ne

>>2
チゲ鍋みたいな感じだな。

>>3
ソープの方が他の風俗より感染するリスクが低い。

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 18:12:26.86 ID:1d0TApii.ne
HIVを体内から消滅させる薬ができたら
生OKのソープに毎日いく、行きたい
早く作って!

9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 20:08:43.62 ID:fDj5hYCy.ne
>>3
その気持ち痛いほどよくわかる
風俗行ったあと、性病検査を受けるたびにドキドキだから

10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/19(火) 21:31:00.55 ID:ErkwEhei.ne
>>3
生は止めとけw
怖いのはHIVだけじゃ無いからな。肝炎淋病梅毒など言いだしたらきり無いけどリスク高すぎる。

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 19:26:12.71 ID:Oha/6Dlt.ne
治療薬という書き方に違和感
抑制薬じゃないのか

8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2016/01/18(月) 19:49:06.57 ID:4Jbee2+e.ne
結局、構造の破壊なんだよな~
逆転写酵素のひな型を作り出すコア設計図が解明出来れば
標的治療薬が作製できる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク