WHOのエボラ終息宣言の翌日に新たな感染死亡者を確認!!!!!

スポンサーリンク
1: 擬古牛φ ★ 投稿日:2016/01/16(土) 15:28:29.50

★エボラ終息宣言の翌日に新たな感染確認

WHO=世界保健機関が、西アフリカで2年以上にわたったエボラ出血熱の流行が
すべて終息したと発表した翌日に、この地域で新たに患者の死亡が確認され、
WHOの判断に疑問の声も上がっています。

エボラ出血熱は、2013年の12月から西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの
3か国を中心に過去最悪の規模で流行し、WHOによりますと、世界全体で1万1300人以上が死亡しています。

このうち最も流行が長引いていたリベリアで過去6週間にわたって新たな感染が確認されなかったことから、
WHOは14日、西アフリカで2年以上にわたったエボラ出血熱の流行はすべて終息したと発表しました。

ところがその翌日、WHOのジャサレビッチ報道官がスイスのジュネーブで記者会見し、
今月12日にシエラレオネで死亡した女性からエボラウイルスが検出されたことを明らかにしたうえで、
「われわれの仕事はまだ終わっていない」と述べ、現地での対応を続ける考えを示しました。

これについて現地で医療支援に当たっている国際的なNGO「国境なき医師団」はNHKの取材に対し、
「WHOは6週間にわたって新たな感染が確認されないことを終息宣言を出す基準としているが、
この基準が妥当なのか疑問が残る」と話しています。

NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160116/k10010374051000.html

▽関連リンク
●New Ebola case in Sierra Leone. WHO continues to stress risk of more flare-ups
世界保健機関 http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2016/new-ebola-case/en/
●Ebola update (05): WHO declares Liberia free, Sierra Leone new case
国際感染症協会のProMED-mail http://www.promedmail.org/post/3938471

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク