【名古屋大】肺がん細胞の治療薬「分子標的薬」への耐性、仕組みの一部解明

スポンサーリンク
1: 丸井みどりの山手線 ★ 投稿日:2016/01/04(月) 19:47:37.35 ID:CAP

2016年1月4日19時09分
肺がん細胞が治療薬に耐性を持つ仕組みの一部を、名古屋大大学院医学系研究科の高橋隆教授(分子腫瘍(しゅよう)学)の研究グループが解明した。新たな治療薬の開発につながる可能性があるという。4日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

がん細胞を狙って特定の酵素や遺伝子の働きを阻む「分子標的薬」として、肺がん治療薬では「イレッサ」などがあるが、使ううちに効き目が弱くなる。耐性と呼ばれるこの現象が起きると病状は再び進む。

がん細胞は酵素で核に信号を送ることで増殖する。耐性が起こるのは、ある酵素の働きを分子標的薬で止めても、しばらくすると他の酵素で増殖の信号を送る仕組みを確立してしまうためだ。耐性の仕組みには、数種類の酵素が関わる複数のルートがあるとされる。

高橋教授らは、がん細胞の増殖を助ける遺伝子ROR1に着目。ROR1が細胞膜に作ったくぼみに耐性に関わる酵素が複数集まり、がん細胞の増殖を支えていることを発見した。肺腺がん患者の細胞を使った実験により、ROR1の活動を抑えるとくぼみができず、耐性が起こった細胞でもROR1の活動を抑えるとその後の増殖が約8割抑えられることも確認した。

高橋教授は「ROR1をターゲットにした分子標的薬ができれば、耐性が起こっても一網打尽にできる可能性がある」と話す。

引用元:http://www.asahi.com/articles/ASHDY5W3KHDYOIPE00P.html

引用元: ・【医療】肺がん細胞の治療薬への耐性、仕組みの一部解明 名大院[朝日新聞]

3: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/04(月) 20:04:46.11 ID:Cau6i/+G0.n

抗がん剤も、デザインできる時代になったんだ。

でも実際に商品化できるのは、ファイザーやメルク、グラクソ・スミスクライン、J&J、
サノフィ・アベンティス、ロシュ、ノバルティスだろ?

武田やアステラスや第一三共じゃ荷が重い。

4: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/04(月) 20:18:44.72 ID:aTd8cNtM0.n
もう少し早ければ・・・

5: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/04(月) 21:53:40.37 ID:25jhe+JW0.n

増殖が抑えられても…

なくなんないし、1cm以下は、ねぇ‼

11: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/06(水) 22:06:08.56 ID:/pfBLTxu0.n
>>5
大きくなったら少し動いただけで息が切れるし
さらに進んだら呼吸さえ困難になる
現状で抑えられると普通の生活ができるのは非常に大きいと思う

6: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/04(月) 22:36:13.45 ID:5LdFVZDB0.n
それをさらにかいくぐる細胞が出現するんだろうな

7: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/04(月) 23:08:28.89 ID:3ztEt/u50.n
がん幹細胞をやっつけないと話にならないと聞いたが

8: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/05(火) 00:10:46.60 ID:Fw41dNTV0.n
分子標的治療薬のおかげで寿命が年単位で延びてんだよ
ありがたく頂戴しろ

9: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/05(火) 08:39:04.70 ID:9ZYnni280.n
オプジーボも分子標的薬だっけ

10: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/05(火) 10:14:11.88 ID:ubAs/1Nw0.n
毎年、こういう記事あるけど
改善はされるだろうけど、ガンがこの世から
なくなることはない。

12: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/06(水) 22:07:54.96 ID:itddAD1y0.n
小細胞癌にも効く分子標的薬が早くできないかなあ…

13: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/06(水) 22:25:29.93 ID:+Jl5gNsm0.n

名大院
後鳥羽院
後白河院

日本の三大闇院な。

17: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/07(木) 00:46:29.55 ID:d1qtIDxaO.n
>>13
群大院は?

14: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/06(水) 22:26:45.49 ID:b/QaU11w0.n
もし抗がん剤の薬剤耐性を何とかできるようになったら
一気に末期がん患者の延命期間が延びることになる

15: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/06(水) 22:27:32.88 ID:Y5kk2FNC0.n
癌の幹細胞たたく治療法の確立はまだか

16: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/06(水) 22:30:40.52 ID:RyW2VaAp0.n
>>15
ガンはそれぞれ違うので

18: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/07(木) 00:47:36.88 ID:q8Xvfmak0.n
伊集院

19: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/08(金) 17:50:06.80 ID:JP9VHiNL0.n
分子標的薬って遺伝子を調べて使うんですよね?
なのにどうして重篤な副作用がでる場合のがあるんね。

20: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/01/08(金) 20:54:15.23 ID:pAMMQG0t0.n
間質性肺炎のほうが多いだろう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク