瞑想ってマントラ唱える瞑想と呼吸に気づく瞑想で違うの?:私の回答書き込みました。

スポンサーリンク

わたしもついつい書き込みしました。

最後の225が私のスレで緑色文字になってます。

ピンク色の文字はちょっと疑わしいかなと私が思っている書き込みです。

引用元: ・瞑想って沢山種類があるけど結局

204: 神も仏も名無しさん 2015/12/19(土) 21:48:58.70 ID:XCEKPdlx.net
瞑想ってマントラ唱える瞑想と呼吸に気づく瞑想で違うの?

208: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 07:56:36.54 ID:tL2TYmQg.net

>>204
それら二つは同じものです。

貴方は瞑想を読書でしか読んだことが無いから、
それが理解できない、わからない。
2つが別の手法の瞑想だと思っている。

実践しないものは何一つ瞑想についてわからない。

209: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 07:59:32.31 ID:tL2TYmQg.net

>>204
貴方は「マントラを唱える」ということが
どういうことなのか、知らない

それを実践したことがない
学んだことがないので理解できない。

「呼吸を意識する」とはどういうことなのかもわからない。
だから、そんな頓珍漢な書き込みしかできない。

知っている人には笑われていることすら気づかない。

217: 神も仏も名無しさん 2015/12/21(月) 01:02:08.87 ID:JYNWJRg4.net

>>204
マントラは宇宙の呼吸音を聞きとる作業ともいえます。
マントラを理解してない人は、呪文みたいなものを
ひたすら声に出して唱えるものだと勘違いしていますが、
真のマントラは違います。

真のマントラは宇宙の呼吸音(マントラ)=プラナヴァーを
自我の呼吸音(自我のマントラ)を共鳴させ
波動で構成されている宇宙の呼吸音に溶け込む作業といってもいいでしょう。

呼吸に気づくとか、呼吸を観察するとかいうのも
まったく同じことを指しています。
この場合、呼吸とは宇宙の呼吸音のことであり、
呼吸を観察するとは、宇宙の呼吸音=プラナヴァーを
聞き取る作業を指しています。

219: 神も仏も名無しさん 2015/12/21(月) 06:43:03.63 ID:JYNWJRg4.net

>>204
貴方は宇宙の呼吸音(プラナヴァー)を聞いたことが無い。
だから、私の言う意味が理解できないでしょう。

しかし宇宙の呼吸音は瞑想に熟達してくれば
誰でもいつどこで何をしていても聞こえるようになります。
人間は本来、自分の周囲に何百人の人の声やザワメキがあろうが
たった一人の声をその中から選択し、その声だけに
意識を傾けることができます。
ちょうど、人間の意識はラジオの周波数を合わせる機能と
よく似ているのです。

瞑想はこの全宇宙に電波のように流れていて
もっとも精妙でもっとも基本的な宇宙の呼吸音に
意識のダイヤルを合わせる行為と言えるでしょう。

いつか、貴方も「本物の瞑想」を訓練すれば
私の言うことを理解できる日がきます。

205: 神も仏も名無しさん 2015/12/19(土) 22:36:37.03 ID:hnxaAMGE.net
そんな質問しちゃったらまた
「瞑想を複数あると思い違いするのは愚民のみよぉ!!」
とか言われるぞ

206: 神も仏も名無しさん 2015/12/19(土) 22:52:51.10 ID:XCEKPdlx.net
>>205
いや俺は自分の質問に細かく答えてくれる人を探してるだけ。
ついていけない話はスルーするばいいだけだから気にしない。

210: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 09:19:45.22 ID:GeISQF+z.net
>>206
自演はしなくてもよろしい

211: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 12:30:11.67 ID:H9rwQlxH.net
前行で万能感を持ってしまう瞑想家っているんだよねw
コンプレックスの裏返しですな

212: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 13:42:23.08 ID:GeISQF+z.net
ほんの基本的なことです
わからないのは瞑想をしてるつもりでいて、実は瞑想ではないことをしているからです

213: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 13:46:32.89 ID:GeISQF+z.net
マントラと呼吸を意識するのは同じことです。マントラをぐぐった程度の
浅知恵で思い込みしているから
間違うのです

214: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 14:17:46.96 ID:tdOub7GL.net
連投基地外健次

215: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 18:05:00.17 ID:GeISQF+z.net
マントラを唱えるという表面的なうわべだけを書いたものを読書しただけではマントラにはならない

216: 神も仏も名無しさん 2015/12/20(日) 23:48:46.25 ID:GeISQF+z.net
ちょっと突っ込んだら即怖がってにげるだろ アホは

218: 神も仏も名無しさん 2015/12/21(月) 06:27:54.47 ID:6uzqaHZ+.net
身バレ健次

220: 神も仏も名無しさん 2015/12/21(月) 06:53:17.05 ID:JYNWJRg4.net
瞑想を読書で学ぼうとする大半の人間は、止だの観だのといって
瞑想を曲解しています。
しかし、彼らがやっていることは、瞑想中に居眠りすることを「無心」だと
思い込んだり、自我意識をつかって妄想することを
「自分を観察している」などと勘違いしていますが、
本来、止や観はそのような意味ではありません。

221: 神も仏も名無しさん 2015/12/21(月) 06:56:54.79 ID:JYNWJRg4.net

瞑想の中での「自己観察」の自己は、「真の自己」という意味であり
「真の自己」は、大宇宙に流れるもっとも精妙なる波動音=プラナヴァーに
意識の周波数ダイヤルを合わせることを意味していますが、
プラナヴァーを聞き取れない大半の人は、それが理解できません。

なので、言葉や文字によって書かれた「止や観」を
低俗な普通意識の価値観で解釈して
自我意識内で妄想することが、「観察」だと解釈してしまっているのです。

222: 神も仏も名無しさん 2015/12/21(月) 06:59:49.52 ID:JYNWJRg4.net

宇宙の波動音プラナヴァーは、人によって修行の進み具合によって
様々な振動音に聞こえますが、その音がもっとも精妙なる宇宙の呼吸音に
意識レベルの周波数が一致したとき、
肉体レベルの呼吸は完全に静止します。

つまりそれが「無念、無想、無呼吸の境地」
サマディと呼ばれているものです。

223: 神も仏も名無しさん 2015/12/21(月) 08:02:03.62 ID:JYNWJRg4.net

ちなみに日本の古神道を起源とする、祭りのときの笛や太鼓の音は、
宇宙の呼吸音(=プラナヴァー)を象徴したものです。

修行の進み具合によって、瞑想修行者が様々な音色に聞き取れるプラナヴァーは
最初の物質的側面の強い振動音として聞こえます。
それが太鼓の音(ドドドンドンドン、ドドン、ドン)といて聞こえます。
天風哲学でいえば、「地の声」と呼ばれる
物質界でもっとも精妙なる波動音です。

ところが瞑想修行者の瞑想が深まるにつれて、プラナヴァーの音は
低い段階の物質的なものから、精神的精妙なる段階の音色へと
変化を遂げます。

それが日本の祭りのときに使われる
笛の音色(ぴーーーひゃラララぴーーー)です。
つまり日本の古来からある祭りの笛や太鼓の音色は
瞑想時に聞こえる宇宙の呼吸音プラナヴァーが
物質的な音(ドコドンドンドン)から、
精妙なる音無き音(ピーーーヒャラララ)
に変化していく様を象徴的に現しているのです。

224: 神も仏も名無しさん 2015/12/21(月) 08:27:13.64 ID:JYNWJRg4.net

意識がより精妙な領域に瞑想が深まったときの
宇宙の呼吸音(プラナヴァー)を象徴する音色

平安神宮祭事の笛の音色
https://www.youtube.com/watch?v=H9H6NIq_vgg

そのときプラナヴァーはこの笛の音色に
よく似た音無き音として聞こえてきます。7

225: 普通の人 2015/12/21(月) 10:50:49.43 ID:bmI9c/9Ml

>204
私の瞑想体験より、お答えします。

マントラ瞑想と呼吸に気づく瞑想は異なります。

マントラは、いろいろなものがあり神様の名前や神様を意味する音などを使います。

他にもいろいろあります。

呼吸に気づく瞑想というのは呼吸に意識を集中する瞑想ということですね。
それもテクニックの一つだと思います。

いろいろな瞑想テクニックありますが、どれを選ぶのかはあなたのご縁です。

奇をてらったものを選ぶより実績のある瞑想法を選ばれるのがよいかと思います。

瞑想を始められる際に

神秘体験や色、音などの見えないものをゴールにしないほうが良いでしょう。

まず人生をより豊かにするために瞑想法を選択してくださいね。

まず日常生活の次から次へと湧き上がる雑念を消し去る過程が瞑想の重要ポイントですよ。

頭を真っ白にすると思考に力強さが出てきますから

よりよい人生の選択ができるようになります。

ですので、初めての方はお寺の座禅会とかから始めても構わないと思います。

あまり気をてらったものから始めるのはお勧めできません。

そうすると次の良い選択も出てきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク