「天才を作るの遺伝子の研究」は是か非か

スポンサーリンク
1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 08:13:10.77 ID:CAP

天才を作り出す?「賢い遺伝子」の研究は是か非か | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/121600366/

平均より背の高い人がいれば、大きな腰、明るい色の髪、長いつま先、平たい足を持つ人たちもいる。こうした私たちの見た目に遺伝子が関係していることに異を唱える者はいない。
しかし、知能はどうだろう。遺伝による性質と言えるのだろうか。

受精後まもない「胚」の段階で遺伝子操作を行う技術が現実のものとなりつつあるなか、近い将来、人工的に知能を高めた赤ちゃんを作れるようになる日はもはや夢物語ではないかも
しれない。

しかしその前に、知能に貢献する遺伝子についてよく理解しておかなければならない。一部の科学者は「賢い遺伝子」の存在を追い求め、彼らの研究は激しい非難の対象になっている。
最も恐れられるシナリオは2つだ。1つは生物学的な相違による人種差別主義を助長する恐れ。そしてもう1つはいつの日か「天才デザイナー・ベビー」を作り出してしまうのではないかというものだ。

だからこそ、今、知能遺伝子研究の倫理性について議論することが早急に求められている。20世紀初頭に行われた知的障害者に対する強制避妊手術など、「過去の過ちを
繰り返さないよう、研究に制限をかけ、必要な対策を取るよう考えなければなりません」と、生命倫理学のシンクタンク、米ヘイスティング・センター所長のミルドレッド・ソロモン氏は言う。

12月初めに、同センターはニューヨーク市で数人の研究者や倫理学者を集め、知能研究の将来について意見を交わした。また、同じ週には人間の遺伝子操作の倫理性をめぐる
国際会議も先んじて開かれ、いずれの場でも、危険な応用に直結する一部の研究は、初めから認められるべきではないとの見解が提示された。

超秀才な遺伝子

ヘイスティングス・センターの生命倫理学者がこの問題に関わるようになったのは、昨年、全米から優秀な子どもたちを集める米ジョンズ・ホプキンス大学の研究機関「センター・フォー・
タレンテッド・ユース(CTY)」へ、ある著名な行動遺伝学者から研究協力の依頼が寄せられたことがきっかけだった。中学1年生(7年生)で大学進学適性試験(SAT)で高得点を獲得し、
高知能と認定されたCTYの卒業生たちを研究したいと言ってきたのだ。(参考記事:「遺伝と環境が人間に与える影響は?」)

ホプキンス大の優秀な学生も含め、できるだけ多くの超秀才ゲノムを集めてふるいにかけ、知能遺伝子だけを見つけ出そうというこの研究に、関係者は困惑した。

協力すれば、何か不適切なことに手を貸すことにならないだろうか。そもそも、この要請や、彼の遺伝子探し自体に何か怪しい点はないのだろうか。

考えあぐねたCTYは、ヘイスティングス・センターにアドバイスを求めた。知能の遺伝子を研究することは、多くの思いもよらない結果を招きかねないとソロモン氏は説明する。例えば、
「どのような子どもを誕生させることができるか、遺伝子のレベルでコントロールできるようになれば」親子の絆の質まで変えてしまうかもしれない。

引用元: ・【生命倫理学】天才を作り出す?「賢い遺伝子」の研究は是か非か 「天才デザイナー・ベビー」が夢物語ではない時代の倫理基準は

13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 09:39:07.40 ID:+H6FgjeP.ne

>>1
大抵は単純に神経伝達物質やその受容体を多く作るようになるとかやるんだろうな。
その結果,異常に落ち着きのない子供ができてしまい,天才というよりただの妄想厨になってしまうとか。

神経ネットワークの形成を早めるようにするとかしたら,脳内の新陳代謝が激しくなりすぎて,10歳前後で
脳が劣化し始めたり,脳腫瘍ができたりとかな。

>>8
デザイナーベビーをクローンで作って数万単位で脳を連結させたのが究極の人工知能になるかも。
そういう方向を考えればこれはあながち使えない技術ではない。
倫理的,人道的にはクロだと思うけど。

17: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:00:52.00 ID:ya2mxNOn.ne
>>13
>脳内の新陳代謝が激しくなりすぎて,10歳前後で脳が劣化し始めたり
多少違うが、ネズミで神経細胞の活動が抑制されないようにしたら劣化が早まったらしいね。
[人体 ミクロの大冒険 第1回 あなたを創る! 細胞のスーパーパワー]って番組でやってた。

44: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:46:32.00 ID:X5WS27qR.ne

>>1
>しかし、知能はどうだろう。遺伝による性質と言えるのだろうか。

どう見ても遺伝要因はあるだろ
大学教授の息子が大学教授とか、確率を超えてざらにあるだろ

109: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 20:12:53.34 ID:6rPglxS4.ne
>>1
そんなの常識♪

2: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 08:13:35.23 ID:CAP

扱うには危険すぎる?

会議で講演した米ペンシルベニア大学の法律学・社会学教授ドロシー・ロバーツ氏は、知能面で問題を抱える子どもたちを自分たちの研究で救うことができるという一部の
行動遺伝学者による主張に異議を唱え、それよりもその子どもたちにより多くの支援を与える方が助けになると指摘した。逆に、知能は遺伝によるとの概念を助長させるような研究は、
その子どもたちを傷つけるだけであるという。というのも、こうした概念はほぼ確実に「知能による人種主義、階級主義、性差別」を支持するのに利用されることが予想されるためだ。

知能遺伝子の研究は、「どう考えても社会的中立性を維持することはできず、それどころか社会的不平等を拡大させるでしょう」と、ロバーツ氏は指摘する。

しかし、研究自体を阻止するのはある意味手遅れかもしれない。1970年代には既に、双子を対象とした研究で、一卵性双生児(遺伝子が100%一致している)の一般知能が、
二卵性双生児(約50%の遺伝子が一致している)のそれよりも似ていたという結果が出ている。(参考記事:「双子が明かす生命の不思議」、「「知能指数は80%遺伝」の衝撃」)

ヘイスティングス・センターの上席研究者エリック・ぺアレンス氏によると、この研究により、一般知能、つまり論理的に考える、計画を立てる、問題を解決する、物事を把握する、すぐに
学習する、経験から学ぶ、といった能力は遺伝するということだ。

「双子の研究で、人の知能の違いが遺伝子によるものであることは明らかになったとしても、どの遺伝的差異が、どのように違いを生んでいるのかについては、何も分かっていません。この点を
認識することが大変重要です」と、ペアレンス氏は強調する。

「どの」または「どのように」とは、賢い遺伝子を探し求める科学者が答えを出したい疑問である。その先頭に立つ1人が、英ロンドン大学の行動遺伝学者ロバート・プロミン氏だ。「最終的な
目標は、学習能力を継承する遺伝子を見つけることです」と、プロミン氏はラジオのインタビューで答えている。

しかし、簡単なことではない。知能だけに特化した遺伝子はひとつも存在しないためだ。最新鋭の分子遺伝学のツールをもってしても、これまでに発見された遺伝的な変異はわずかに
3例だけであり、しかも、それぞれは高いIQの持ち主と対象群の人々との違いにおいてわずか0.02%しか影響を及ぼしていない。(参考記事:「愛が育てる赤ちゃんの脳」)

慎重な対応を

ヘイスティングス・センターと米コロンビア大学の精神・神経・行動遺伝学の倫理・法律・社会的意義研究センターはこの問題について報告書を発表し、弱い立場にいる人々を研究結果が
さらに追い詰めることにならないよう対策を取る必要があると指摘する。

知能遺伝子の研究を全て禁じるのではなく、あくまで慎重な姿勢を求めるものだ。

研究者は自らの研究結果の重要性をメディアが大げさに取り上げないように努めるだけでなく、それ以上の努力をしなければならないと、報告書の編者は述べている。また、知能に関する
研究が「階級主義や人種主義の渦」に巻き込まれてしまわないよう努める必要があるとも警告する。

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 08:27:51.76 ID:gyUjLfkb.ne
天才とキチガイは紙一重だからやめといたほうがいい

21: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:43:17.27 ID:CLkBBiBe.ne
>>3
既に言われてた。ADHDは障害とされてるけど、天才の素質でもあるんだよな。天才を作るのは環境も重要

23: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:52:34.14 ID:HrAYb8yQ.ne
>>21
それを言うと、未開地の野生の子供は毎日走り回ってるようにみんなADHDなんだよね
結局、先進国では政府が愚民をコントロールしやすくするために
学校で一日中椅子に座り続ける事を強要したり、部活動みたいに団体訓練とかさせて
社会の奴隷になるように子供の内に家畜化してるんだよ

50: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:16:28.17 ID:dtf/iKLR.ne
>>3
天才の精子を買って子供産んだ奴ら
子どもたちはノーベル賞などの業績は取れていない

90: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 16:28:15.60 ID:fQ7v/Z7T.ne
>>50
その精子で子供産んだら幼児から大学レベルの数学を理解するくらいの知能はあったらしい
将来は研究の道に進めば十分じゃないか
ノーベル賞も失敗のおかげで偶然発見とかもあるし

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 08:35:09.24 ID:t8jn5plJ.ne
ユナ・ボマー

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 08:40:18.42 ID:mgRjkQy0.ne
ハゲの根絶も間近だな

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 08:40:28.35 ID:PK8LjHJL.ne
俺の親族一劣等な遺伝子なら研究サンプルとしていつでも提供するぜ

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 08:45:48.04 ID:/mafWoQo.ne
ほっといたら中国とかの独裁国家がやるだけ。それなら人権と言論の自由のある法治民主主義国家がやる方が良い
中国が天才児を量産したら世界の覇権すら取りに来るぞ

30: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:22:48.60 ID:HydgRBMn.ne
>>7
2ちゃんに常駐している中国人はもう10年も前から
「中国は人口が膨大だから他の国では考えられないほどのレベルの天才や美女がいる」
と豪語しているんだが、それらしいのがぜんぜん出てこない件。
中国人の認める「天才」は世界の基準とは違うようだからあんまり影響ないんじゃね?

8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 08:45:56.65 ID:HrAYb8yQ.ne
そのアメリカの天才が2050年にコンピューターの知能が人間を超えると予言してるから
もう人間は不要なんだよ

9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 09:00:02.43 ID:ATCOGSxT.ne

>平たい足を持つ人たちもいる。

平たい顔族のぼくたちもいる

>ホプキンス大の知能遺伝子だけを見つけ出そうというこの研究に

人を平気で食うやつだもんな

>ヘイスティングス・センターの生命倫理学者が

そりゃ灰色の脳細胞にやや欠ける方だもんな

19: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:38:45.92 ID:qN+vvXkH.ne

>>9
>そりゃ灰色の脳細胞にやや欠ける方だもんな

吹いたわ、モナミw

10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 09:08:16.13 ID:Y2YsV4Eu.ne
そーゆう研究なら、結果を出した人を対象にしなさいな。
ガキの神童はろくなもんにならねえ。代表は俺な。

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 09:12:40.86 ID:WWNCnv3F.ne
要は比較だから
そういう賢い遺伝子人間だらけになったら
凡庸になっちゃう

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 09:38:09.22 ID:DPuXq/mX.ne
天才を作り出せるならばんばん作ればいい
人口問題、環境問題、エネルギー問題、人類の未来は何人天才が現れるかにかかっている

169: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 16:41:17.81 ID:h0x25hRl.ne
>>12
天才児と天才は違うんだけどな
天才児の大半は天才になれずに終わる
少しはみ出た秀才クラスに天才的な業績を残す人が多い
まあ、数学くらいか、天才児がそのまま活躍しちゃうような分野は

14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 09:39:20.25 ID:ZnxAi9vd.ne
遺伝子を人為的に選択して問題が起きなければ
いいけどたぶん問題は起こるので引き続き
研究を

15: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 09:40:12.82 ID:guko5MSr.ne
一説によると、統合失調症の遺伝子が淘汰されないのは
適度にその遺伝子が有る方が発想力が豊かな天才が生まれやすいからだという説がある。
もちろん多すぎると考えが支離滅裂な統合失調症になってしまうのだが。
仮にその説が正しいとしたら天才を作ろうとする研究は副作用としてキチガイも生み出すことになる

16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 09:47:33.00 ID:+H6FgjeP.ne
>>15
統合失調症が淘汰されないのは生命科学的な理由よりも社会学的な理由じゃないかな。
軽い統合失調症なら集団にある程度受容されて生きていける。極度となると集団からはじかれてその遺伝子は絶える。

22: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:43:23.18 ID:HrAYb8yQ.ne
>>15
>>16
良くわかってない人が多いけど
統合失調症って認知症と大差ないからな
被害妄想とかありもしない事を信じたりして認知力が狂った人だよ
そういうボケた人を天才に近いとか言うのは無理がある
実際は、過度のストレス状態でも精神崩壊しないプロの囲碁や将棋の名人
みたいな強靭な精神の持ち主が天才の域に近づけるんだよ
逆に統合失調症になるような奴は、自己可愛がりで弱い奴だよ
小保方みたいに無いものをあるっていったりする奴は予備軍

25: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:56:08.27 ID:guko5MSr.ne
>>22
統合失調症と認知症が大差ないという認識はどこから来たのかな?
俺が知っている話だと統合失調症は脳の連想回路が過剰に働き過ぎるのが原因で、
脳の一部が動作していないことによる認知症とはまったく別物だが。
心の強い弱いとまで結びつけるなんて笑止
自閉症が親の愛情不足だとか言うのと同次元

54: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:19:34.82 ID:HrAYb8yQ.ne

>>27
勝負のストレスは実際にやったものでなければわからないよ
感情指数を数値で示せと言われてもコンピューターでは対応できないし
大ポカやって負けた時の茫然自失感とかこればっかりは
おまえやってみろとしか言えない

>>25
統合失調症と認知症が同じっていったのは、
どっちも現実を論理的に認識する能力に欠けてるっていう意味だよ
そこに自閉症が愛情不足の説が出てくるのは意外

ただ、これらの上記の議論は不毛ではなくて、
感情という論理的に計算することができないパラメーターが
天才の存在に必要なことがわかるし
統合失調症を患う者の多くは失意や裏切りといった
強烈な負の体験が引き金になってる

>>41
それでいくとプレイヤーは天才にはなれず
ルールを作ったものが天才ということになるな
ゲームのルールには、面白さや辛さなど人間の感情に訴える
要素が必要なのだ

57: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:26:24.94 ID:LbYE8GU+.ne

>>54
>勝負のストレスは実際にやったものでなければわからないよ

同じ環境で個人差を測れない以上
強靭かどうかも分からない
再現性もないから科学とはいえませんなあ

58: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:30:32.45 ID:HrAYb8yQ.ne
>>57
何回も言ったが感情を科学的に数値化することが出来ないからには
天才を人工的に再現することは難しいのではないかという結論だよ
これでわかったか?

60: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:36:25.73 ID:LbYE8GU+.ne

>>58
全然分からんね、そっちにツッコミをしてるわけではないから

1 統合失調症って認知症と大差ない
2 強靭な精神の持ち主が天才の域に近づけるんだよ
3 逆に統合失調症になるような奴は、自己可愛がりで弱い奴

此処科学ニュース板だよ?分かってる
そういうデータあるの?これくらい調べてる?
http://volga.esys.tsukuba.ac.jp/~mor/text3/

統計すら無いオマエのやってるのは心理学でもなく哲学

71: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 14:35:53.03 ID:KX2eEcCk.ne
>>60
人工知能とかこういうスレに変な奴が集まるのは、昔からの傾向だよな。
エセ科学や自分の哲学を語る奴がちらほら。

72: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 14:38:52.42 ID:/r9ovAOk.ne
>>71
今の科学ニュースは嫌諸みたいな思考回路のオッサンが多いので
コンピューターと政治経済学(かなり主観が入ってる)しか誇れる物が無い連中だから仕方が無い

27: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:00:36.94 ID:gr5WWma8.ne

>>22
>プロの囲碁や将棋の名人みたいな強靭な精神の持ち主

ストレス対応をどのように計った?
心理主義で思い込みを語ってるとツッコミが来るぞ

41: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:43:49.62 ID:9IpUAREy.ne

>>22

囲碁や将棋が強い人間は天才ではない。せいぜい超秀才。
天才というのは囲碁や将棋のルールを作った人のこと。

91: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 16:35:05.79 ID:wDbPT8u8.ne

>>15
日本では狐憑きの家ってレッテル貼って忌避してたじゃん
その家からは嫁を貰うなと

科学の発達によってそうした過去の含蓄が迷信扱いされ
結果的に広まってしまったんじゃないのかね

113: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 20:44:33.28 ID:dtf/iKLR.ne
>>15
そうだよ
天才の定義が微妙ではあるが
糖質と自閉(アスペ)とダウンは人類を人類足らしめているみたいで
減るどころか 増えてるw

18: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:26:07.13 ID:6p4SWwAZ.ne
まぁ狙って作って思った通り育つなら良いけどさ
思い通りじゃなかったらリセマラみたいに作り直すんだろうね
ゲーム感覚で遺伝子ブリードする人ってのは

20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:40:44.25 ID:4Uk4Nxxd.ne
天才がふえたら天才は無能になるけんプレミアの問題
大金絡まない限り能力を使う事も無い

24: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:53:47.77 ID:BOZjFEDt.ne

>どう考えても社会的中立性を維持することはできず
>それどころか社会的不平等を拡大させるでしょう

世に法はあれでも、真実はなく、許されぬことなどない
ショーン・ヘイスティングス

26: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 10:58:25.83 ID:Lr73MxZb.ne
種割れたりするのか

28: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:07:15.22 ID:/thO4KvO.ne
人類初の有人木星探査に成功した宇宙飛行士が突如「私は世界初のコーディネイターです」って言い出すんですねわかります

29: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:15:50.74 ID:L1xKn7qb.ne
優秀な遺伝子は環境に適応した遺伝子だから
環境の変化が起こると絶滅しやすい

31: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:24:48.92 ID:3mBB9CG+.ne
毛唐(だけでなくアルニダもそうだが)って形質を根源から弄ることに異常な
までの執念を注いでるよねwwこいつらが哲学的にはバカであることがよく
分かるww

32: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:26:27.10 ID:HydgRBMn.ne
天才も適材適所に配置されないとただのバカだよ。
げんに2ちゃんにはAAや大喜利や減らず口の天才がワンサカいる^^
隠れた日本の底力だw

33: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:26:29.33 ID:L1xKn7qb.ne
ナチスが障害者を虐殺しまくっても
戦後の障害者出生数は変わらなかったと聞いたことがある

34: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:27:50.14 ID:0NnJAMCJ.ne
アルジャーノンに花束をってはなしみたいになるんじゃね?

35: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:39:39.34 ID:3gv2M3BW.ne
天才デザイナー・ベビーと人工知能で勝負や

36: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:40:38.11 ID:qtX4rFzl.ne
容姿と知能は遺伝で伸ばせるだろ
ただし、反社会のサイコパスと狂気の統合失調は逆にでやすくなりそう
そもそもこんなこと考えるのが没倫理で狂ってるからね
どこぞの国みたいな頭おかしい悪人がやって自滅する事象だ

45: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:49:56.69 ID:L1xKn7qb.ne
>>36
オマエのようなアホに言っておくと
脳が容姿を判断する以上
美容整形と違い客体でなく主体を変えることになる

37: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:45:12.97 ID:qtX4rFzl.ne
人工知能より頭悪いことをやってる
IQ200が作れても、AIロボットに負けそうw
いい遺伝子でいい頭なんて、生命工学の偏差値が知れる

42: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:45:06.66 ID:/r9ovAOk.ne
>>37
その人工知能は誰が作るんだよ
ほんと今の科学ニュースはお前らみたいな科学のかの字も知らない
バカなオッサンだらけになったな

46: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:52:19.40 ID:L1xKn7qb.ne
>>42
人工知能に何を代替させるかも考えてないだろうよ

43: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:46:03.16 ID:/r9ovAOk.ne
>>37
その人工知能は誰が作るんだよ
ほんと今の科学ニュースはお前らみたいな科学のかの字も知らない
バカなオッサンだらけになったな

38: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 11:54:13.92 ID:qtX4rFzl.ne

たかが人工的知能な学習能力だろ
IQ知能テストやら、答えの有る試験程度やらせるなら、ITからのアプローチでAI作ったほうがスマート
倫理とかモラルとかが存在しない、根源的に頭悪い三国連中が、勝手に高知能のサイコパス同士を掛け合わせて統合失調で滅びるさw

これで天才ができるなら、電子計算機が天才ってことになる
囲碁なら神の一手くらい指せるかもしれんが

39: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:01:41.93 ID:ZgnL1SaL.ne
宇宙人に聞いてみな!

40: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:30:51.47 ID:FTOAiJQN.ne
でも遺伝子って複雑な相互作用の絶妙なバランスなんだよね
植物なら目をつぶれる異常でも
生物となるとキツイよね

47: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:59:17.52 ID:OKLfYEKJ.ne
全員が天才になったら、その時点で凡才になるのでは?

53: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:19:10.89 ID:sGQ5fBRr.ne

天才を作り出すより、IQ105未満を抑制する方法を確立しろよ
http://img-cdn.jg.jugem.jp/3a9/92293/20070109_324469.png

IQ105を死ぬ寸前まで維持できる研究も必要。
http://www.ipss.go.jp/site-ad/toppagedata/2015.png

>>47
天才とは先天的才能。
根本的に平均を上げると教育費などの税金削減。

48: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:10:12.45 ID:dtf/iKLR.ne
そもそも人間の知能を人間自体がまるで理解してないのにそんなものを見つけたところで役には立たない

49: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:16:07.60 ID:+MJ1CEmW.ne
パラメータを知力に振り分けると、精神力と体力が
生命を維持できなくなるくらい下がるとか、筋力をあげると
知力がサル並みに低下するとか、うまくできてるんだろうな。

51: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:17:06.84 ID:85ba/0ua.ne
デザイナーズベビーはどっかがやり始めればみんな始める
誰がナプキンを取るか

52: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:18:10.85 ID:dtf/iKLR.ne
出来上がったら、それはナチスの神人になるんだろうな

55: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:19:55.68 ID:/ic8gv8I.ne
自分の子が天才として生まれたとして
育てるのは大変そうだけどな
4,5歳で親を越えられちゃったら
嫌だろ、しかもその後も面倒だぞ

66: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:58:10.55 ID:sGQ5fBRr.ne
>>55
毎年IQ140以上同士で繁殖

56: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:25:03.92 ID:u9bY7YL6.ne
優秀な遺伝子が引き継がれる前提でしか話してないな

59: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:34:54.64 ID:a1c5oSjF.ne
優秀な遺伝子を持つ支配層と
そうでない被支配層に二分化された世界で
支配層に戦いを挑む被支配層出身の主人公に協力するも
あえなく捕縛されて惨めに殺される役をやりたい

61: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:36:30.73 ID:2BLSHvMo.ne
遺伝子操作し始めたらもう何でもありだろうな
一個だけ思うのは凄まじくつまらない世界になるだろうということ
でも、どっかの国がやりだしたらどの国もやらざるを得なくなる

62: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:37:06.16 ID:qtX4rFzl.ne

既存の論理でしか動けないのはバカな高IQ
ルールブレイカーは天才じゃなきゃキチガイかな

医者までの作業なら人工知能でできるよ
人工知能の開発者だって、人工知能でやれる能力部分ではAIに劣ってるさ
電卓でやれることを人間がしなくなったように

67: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 14:00:01.22 ID:/r9ovAOk.ne
>>62
>電卓でやれることを人間がしなくなったように
中卒はVIPか嫌諸に帰れよ

63: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:40:30.22 ID:3TiIdGND.ne
シナは倫理観が低いから絶対闇で創るな

65: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:51:43.03 ID:ojr8fi6m.ne
>>63
中国はアホ多すぎるからそれくらいやってもいいと思う

119: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 21:11:42.18 ID:XvJ7ibg4.ne
>>63
シナ人は逆に毛沢東が優秀遺伝子を壊滅させたんじゃなかったか?

64: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:44:54.10 ID:JiupGV79.ne
やれば失敗も産まれるし、やり始めは失敗の子供ばっかりになるから、
それを容認できるかどうか

68: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 14:18:44.54 ID:POPz2eoV.ne

シナがやりそう。。。

でもシナ民衆は、多くが無教養の田舎の貧しい無学の者で、高学歴は一部だから共産主義の洗脳にだまされてるんだけど?
日本でも左翼やシールズなど低知能ばかりだし。
高知能者が増えるともう共産党の嘘にだまされんぞ?

「知識層は政権を揺るがす」って粛清したのは、全部共産主義国だ。
スターリンも、毛沢東も、ポル・ポトも。
みんな頭のいい人を殺した。

左翼思想や共産主義はバカ向けの思想ということ。

利口は保守。バカは革新派。
だから、革新派が政権もつと「改革が進まんのは知識層が邪魔するからだ!」と人間不信になり粛清や大虐殺をする。

スターリンや、毛沢東や、ポル・ポトのように。

70: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 14:34:36.41 ID:Xt3KEOuQ.ne
>>68
昔の科学ニュースはアホな理系しかいなかったけど
今の科学ニュースはこう言う常識人が監視してるから
理系では導き出せない正論が見れるようになったね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク