【理研、同志社大】アルツハイマー型認知症の原因となる「神経細胞脱落」を抑制する薬剤を発見

スポンサーリンク
1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:12:15.31 ID:CAP

【プレスリリース】認知症の治療薬開発に道拓く―長寿医療センターが理研、同志社大と共同で「神経細胞脱落」の抑制実験に成功― – 日本の研究.com
http://research-er.jp/articles/view/41704

要旨

国立長寿医療研究センター(鳥羽研二理事長 以下「長寿センター」という。)の添田義行脳科学推進プログラム研究員、高島明彦分子基盤研究部長らは、理化学研究所(以下、
「理研」という。)と同志社大学、井原康夫教授グループとの共同研究で、アルツハイマー型認知症の原因となる「神経細胞脱落」を抑制する薬剤を発見した。

これまでの研究から神経細胞脱落は、タウ蛋白質が原因となって引き起こされると考えられてきたが、その相関は明確にはわかっていなかった。今回、モデルマウスを用いた実験によって、
「タウ蛋白質の凝集」を阻害する薬剤が、神経細胞脱落の抑制にきわめて高い効果があることを突き止めた。

共同研究グループは、理研の天然化合物ライブラリーから、認知症の原因物質とされるタウ蛋白質が体内で凝集することを抑制する化合物をスクリーニングした。この凝集阻害剤のうち、
ドーパミンやアドレナリンのようなカテコール核をもつ薬剤が、タウ蛋白質の凝集を阻害することを見出した。

具体的には、カテコール核を持つ化合物のうち、D/L―イソプロテレノール(徐脈や気管支喘息に用いられる医薬品)を、モデルマウスに3か月間経口投与したところ、タウ凝集の阻害と、
それに伴う神経細胞脱落の抑制が観察された。さらに、神経活動の低下や異常行動の改善も示した。

この結果は、アルツハイマー型認知症に直接関与するタウ蛋白質を標的として、その凝集抑制のメカニズムを初めて明らかにした報告であり、認知症の治療薬開発に新たな道を切り開く
ものとして期待される。この実験結果は、12月16日のNature Communications誌に掲載される。

本研究は日本医療研究開発機構「脳科学研究戦略推進プログラム」の「精神・神経疾患の克服を目指す脳科学研究(課題F:脳老化研究チーム)」(平成27年度に文部科学省より
移管)の一環として行なっています。 また、新学術領域研究(研究領域提案型)【脳タンパク質老化と認知症制御】からの補助を受け行われました。

(以下略)

引用元: ・【医学/生化学】認知症の治療薬開発に道拓く 長寿医療センターが理研、同志社大と共同で「神経細胞脱落」の抑制実験に成功

2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:14:27.38 ID:Vy3ax8Au.ne
毛根細胞は病気でないので

26: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 03:00:23.00 ID:K25IjMuw.ne
>>2
大阪大学の中野教授が「再生細胞の研究もしてる」というようなことを言ってたよ!
きっと毛髪細胞も対象に入ってるよ!

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:15:50.86 ID:Pl2qXxot.ne
そんで理研は、この製法を韓国に流しました

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:27:30.11 ID:c4hZuro3.ne
>>3
韓国人って根拠のない噓をなんでも韓国とむすびつけるよねwww

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:32:43.65 ID:dN1iViM0.ne

これは素晴らしい大発見
うつの根本治療に近い。SSRIやSNRIが不要になる

>ドーパミンやアドレナリンのようなカテコール核をもつ薬剤が、タウ蛋白質の凝集を阻害する

>具体的には、カテコール核を持つ化合物のうち、D/L―イソプロテレノール(徐脈や気管支喘息に用いられる医薬品)を、
>モデルマウスに3か月間経口投与したところ、タウ凝集の阻害と、それに伴う神経細胞脱落の抑制が観察された。

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:32:46.73 ID:dtf/iKLR.ne
>>5
つまり、リタは最適処方だったてことだよな
中毒になる奴はただの医者の診断ミスだろ

33: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 14:37:02.09 ID:FLTtODAX.ne

>>5, >>12
結局、そうなる。
リタリンは多幸感・高揚感が伴うからダメであって、通常のβ作動薬はそれが少ないからOKなんでしょ?

うつ病にもβ作動薬が有効だろう。
喘息持ちのスケート選手が使ってるし。(健常者が使ってるとドーピング疑いになる)

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 12:53:07.32 ID:VyUg/M+R.ne
アリセプトとの違いは何

10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:20:07.63 ID:oMYyRTqV.ne
>>7
アリセプトとかは細胞脱落を防げない、残ってる細胞の働きを助けるだけ

23: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 00:48:43.51 ID:QRKkCDkx.ne
>>10
そうなんだ

8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:03:03.43 ID:p8auRqSz.ne
若者に許可無く長生きしていい権利など無い

9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:12:31.04 ID:qT+r2v6V.ne
ボケがなくなるのか?

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 13:28:52.02 ID:dtf/iKLR.ne
イソプロテレノール
カテコールアミンじゃねえかよw
つまり、ドパミンドパドパなやつほど認知症になりにくいの?

13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 14:31:40.70 ID:jH5U6190.ne
投薬より禁酒
脳細胞減らさないのが優先だろ
トンスルなんて絶対に不可

14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 14:38:59.35 ID:3Vg5L20T.ne
まぁた、ノーベル賞かよっ!

16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 19:14:12.86 ID:TbcGsSs3.ne
同志社大って、医学部も薬学部もないのに、どこが共同研究した?

18: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 22:04:05.90 ID:4cH8N6jW.ne

ほんと急いでほしい

認知症の薬は人間の尊厳の問題
誰も幼児化した身内を見たくない

19: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 22:55:08.25 ID:kYJ7yZjk.ne
欧米・日のどこかが、因果関係をつきとめ、開発してくれればOK

20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/17(木) 23:39:05.27 ID:jvysQ3Gb.ne
保険適用になるまではあと20年はかかる
団塊ジュニアは助かるかな

21: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 00:03:13.17 ID:RiRJOwOF.ne
喘息の人は、認知症になりにくいってこと?

34: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 14:42:39.56 ID:FLTtODAX.ne

ドーピングじゃなくて本当はアドレナリングが適切なんんだろう。

精神作用物質は健常者を精神病にするだけで、精神病を治療する効果はない。

精神病を治療するのは、抹消アドレナリン作動薬ってことだな。

>>21
効いてる間はそうだろうね。
ただ、クスリは常用してると本態性としてはどんどん劣化していく。
やめるとボケたり、暴飲暴食したりするだろうね。

だから依存性があるんだよね。嗜好性はないけど。

22: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 00:13:19.02 ID:4TxPGOgH.ne
この程度で治るなら今頃アルツハイマーなんて根絶されてるだろ

24: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 00:52:37.86 ID:QRKkCDkx.ne
問題は副作用と値段と薬効の個人差

27: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 05:05:33.07 ID:k+p6bobK.ne
一応既存の薬でも、臨床試験必要なんだっけ?

28: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 07:17:07.26 ID:bnKujvGj.ne
アミロイドベータはEPPSで分解できそうなんでしょ

29: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 07:23:12.86 ID:GPJdfOM+.ne
忘れないのは 結構辛いよ

30: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 08:21:06.02 ID:ZMC3DDjW.ne
タウ蛋白のプリオン的な伝播を防御できる画期的な発見。
進行性核上性麻痺や大脳皮質基底核変性症のように、
治療法のない難病の根本治療になる可能性がある。
投与量もプロテノールの通常量よりかなり少量で良さそうだが
不整脈や狭心症、心筋梗塞のリスクに注意が必要かも。
既存の薬でも、もちろん治験は必要。
でも自分が大脳皮質基底核変性症の患者だったなら、
ダメモトで個人輸入してでもつかってみるかな。

31: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 11:07:14.42 ID:hLiTK4pX.ne
最近既存の薬が認知症に利くんじゃないか?とかあるよね。何の薬かは忘れたが

32: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/18(金) 14:09:20.64 ID:FLTtODAX.ne

>>31
ドキシサイクリン?

グーグルでアルファベットで検索するとメマンチンと同じ件数ヒットするから、かなり影響するんだろうね。専門文献の検索でも同様。

ドキシはどちらかというと降圧剤なんだよね。多分、アルツハイマー発症原因の疑いが強いから研究者がこぞって研究してるんだろう。

ドキシを1年間飲むと2割の人が体重30kg程度増加して、中には60kg増加する人もいるくらい、強力な中枢作用あるからね。
これを現場の医師で知ってる人が皆無なんだよね。添付文書にも載ってない。

いかに医療が低品質か分かるだろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク