【和歌山県立医大】出生前診断や乳がん「遺伝外来」を開設

スポンサーリンク
1: あずささん ★ 投稿日:2015/12/18(金) 18:21:14.72 ID:CAP

和歌山県立医科大学付属病院は、胎児の染色体疾患の出生前診断や遺伝性の乳がん・卵巣がんの
検査などを取り扱う「遺伝外来」を来年1月に開設する。乳がん・卵巣がんの検査は県内初といい、
病院は「遺伝性疾患の患者や遺伝に不安を抱えている方のための医療。必要に応じて検査し、
適切なカウンセリングを行っていきたい」としている。
遺伝医学をめぐっては、発症に遺伝子がかかわっている疾患の原因解明や診断方法の研究が進められ、
染色体数に異常があるダウン症など一部の疾患について、検査で一定の診断ができるようになった。

同病院によると、染色体疾患の出生前診断では、母親の血液からDNAを検査する手法を開始し、
染色体異常がある確率を調べる。陽性であれば、羊水から染色体異常の有無を調べる「羊水検査」も
検討する。
また、遺伝性の乳がん・卵巣がんでは、家系内でがん発症に関係する遺伝子変異が見つかっている
人などを対象に、特定の遺伝子の変異を血液検査。変異が認められた場合は、がん予防や発症後の
手術方法などを話し合うとしている。
いずれのケースでも、まず遺伝性であるか判断した上で、遺伝が疑われる場合はカウンセリングを
通して情報を提供し、検査の意義やリスクなどを理解してもらった上で本人や家族の意思決定を補助する
としている。

吉田宗人病院長は「本格的に遺伝情報の分析を始められる態勢ができた。県民の遺伝医療に貢献
できれば」と話している。
外来は毎週水曜の午前中で完全予約制。個人からの予約は受け付けておらず、現在かかっている
診療所や病院の紹介を通して予約する。

ソース/産経新聞社
http://www.sankei.com/west/news/151218/wst1512180067-n1.html

引用元: ・【医療】染色体異常を・・・出生前診断や乳がん「遺伝外来」和歌山県立医大に

2: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/18(金) 18:23:31.87 ID:DyoeEi/M0.n
アウアウアー

3: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/18(金) 18:25:43.16 ID:Ft3vEED90.n
平等にガンになるべきニダ!

4: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/18(金) 18:30:01.68 ID:2RYALvzN0.n

産婆さんがやっていた事を
遺伝子の段階でやるだけ
特殊な知能者は間引けよな(-_-メ)
社会の役に立たんだろ?
寧ろ税金を浪費するだけだ。
文句を言うのは特殊学級の教師やその手の利権保持者や
公務員だけ。あと自称人権派弁護士もな。
さっさと国会審議しとけ!

つ「劣悪遺伝子排除法」

5: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/18(金) 18:35:23.43 ID:3tbDCNGR0.n

TBS、朝日、NHK

命の選別がー!サベツニダー!

6: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/18(金) 18:36:50.17 ID:p8lPfCpL0.n
社会人になってから発覚する(しかも症状出てから気付くためst進行済み)のが
遺伝がんの恐ろしさ。。。ライフプランが台無しだよ

7: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/18(金) 19:15:16.17 ID:u2AStf9L0.n
染色体異常の子供なんて誰も産みたくない
なのに産みたくないというとファビョるダウンを産んだ母親たちがうるさい
仕方なくこっそり調べて下ろすしかない
なんて不自由な国なんだ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク