【政策】金融資産に応じた医療負担、16年末までに結論

スポンサーリンク
1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/12/07(月) 19:41:43.78 ID:CAP

http://jp.reuters.com/article/idJPL3N13W2UW20151207

[東京 7日 ロイター] – 7日開催した政府の経済財政諮問会議では、経済・財政再生の各改革項目について
目標値期限や目標数値が提示された。金融資産を考慮に入れた負担の仕組みを16年末までに結論を得て、
17年の法改正を目指すほか、高所得者の老齢基礎年金支給停止も20年度までに制度改正を目指すとした。
病院の機能分化を促すため、16年度末までに地域医療構想をすべての都道府県が策定することなども掲げた。

今回の工程表は、歳出削減を目指してこれまで社会保険分野、社会資本整備、教育、その他幅広い検討項目に
ついて時期や制度改正を議論してきた結果、目標時期や目標値を掲げたもの。

社会保障分野では、16年度末までに医療費適正計画策定を前倒して策定した自治体がおおむね半数になることを掲げ、
一人当たり医療費の地域差の半減を目指す。

重複受診などを避けるため、かかりつけ医以外を受診する場合の定額負担の導入を16年末までに結論を得て、
大病院受診者のうち紹介状なしのケースを60%以下とすることを目指す。
保険組合が加入者自身の健康医療情報を情報通信技術を活用して提供することを普及させ、
22年度までに糖尿病有病者の増加を抑制して、1000万人に抑えることを目指すほか、健康寿命を20年までに1歳以上延伸することを掲げた。
社会資本整備分野では、公共施設の管理やストック適正化をめざし、16年度末までに100%の地方公共団体で、
公共施設等管理計画を策定することを目指す。公的施設の民間委託などいわゆる
PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)/PFI(民間資本を活用した社会資本整備)
手法の導入を優先的に検討する仕組みを構築した省庁や地方自治体(人口20万に以上)の数を16年度末までに100%とすることも掲げた。

引用元: ・【経済】金融資産に応じた医療負担、16年末までに結論 政府諮問会議

168: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/08(火) 07:39:49.37 ID:3sgDlnvW.ne
>>1
ほとんどの国民には関係のない話だな

2: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 19:42:58.34 ID:SNwH5G7Z.ne
さっさとやれ
金持ち老害が社会保障を食い潰す

3: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 19:43:51.01 ID:ZexdO8pb.ne
生活保護の俺、連勝中V

4: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 19:45:07.31 ID:Gh3iK/K6.ne
これがマイナンバーの利用用途になるのかな

5: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 19:50:21.47 ID:4fiGViuR.ne
自動車保険ならば
事故をよく起こすアホほど保険料が高くなる
健康保険も自らの健康を守る注意を怠ったか(飲酒、喫煙など)
無過失で本人を責められない病気かによって
当然に負担額を調整すべきだ。
こうした当たり前の議論をなおざりにしてはいけない。
また障害児が生まれると分かっていて出産する人は福祉手当てを受けられないようにすべし。

47: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:50:18.60 ID:Zril+5tw.ne
>>5
健康診断と歯科検診受けてない奴は料率跳ね上がるようにして欲しいよ

149: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/08(火) 00:23:08.92 ID:ce0ctp0G.ne
>>5
全面的に賛成する

184: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/08(火) 09:15:39.84 ID:Jwp3tgOl.ne
>>5
それはその通り
特殊な難病などは別として、一人当たりに上限設けて、使わなかったら繰り越しでいいんだよな
携帯電話の通信料金ですら繰り越せるのに、一国の医療費が出来ないとは思えん

6: 投稿日:2015/12/07(月) 19:55:17.15 ID:fumL1ySF.ne
金持ちは年金 健康保険料は寄付金に  税収の大半
が公務員等の人件費と年金に消える日本 子供手当を手厚くしても子供は
増えない

16: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:12:29.09 ID:AlYKu3SR.ne
>>6
金持ちが金儲けできたのも社会があってこそだよ。

7: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:02:31.41 ID:uvCu94qS.ne

質素な生活に甘んじ、アリのごとく倹約に倹約を重ね、将来のために貯金した人間から、
さらに金を獲ろうとするのか?!

いい加減にしろ、低能安倍!!

14: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:10:40.65 ID:AlYKu3SR.ne
>>7
過度に貯金をする人は「他人にお金(権利)を与えることに不寛容」と見ることもできる。
巨大な権利(=他者にとっての義務)を持つ者が疎んじられるのはある意味では当然の事なのさ。

20: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:19:11.88 ID:uvCu94qS.ne
>>14
オマエは社会主義者か。北朝鮮にでも住みやがれ。
自分で稼いだ正しい金は自分のモノだってはの、自由主義の基本だぞ。

24: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:25:57.80 ID:AlYKu3SR.ne

>>20
資本主義だろうと経済活動を社会秩序に依存してるのは間違いない。

他がすべて正しくともたった一つの致命的な欠陥が全てを台無しにすることだってあるんだから、
社会主義国が失敗したからと「社会主義的な事」をすべて否定するのは間違い。

30: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:29:53.27 ID:uvCu94qS.ne
>>24
反論になってない。
社会秩序に基づいて正当に稼いだ金を奪い取る権利が誰かにあるのか?
政府には「金のある奴からは取り立てる」という論理しかないだろう。

38: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:41:45.22 ID:AlYKu3SR.ne

>>30
社会秩序に基づいて正当に制定した税制、制度を阻害する理由にはならんなあ。
「負担できる人に多く負担してもらう」のは税制度の基本思想。
何も財産全部没収しようってんじゃあるまいし、そうでなければあとは程度の問題だろう。

>>31
「社会メカニズムを動かしている原理」とは具体的に何の事で、
どの点がそれを「無視」しているのか教えを請いたいところだな。

48: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:50:30.82 ID:r40Q+3qo.ne
>>38
全員医療費5割負担じゃだめなの?
皆んな医療保険入ってるでしょ。

57: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:59:27.27 ID:AlYKu3SR.ne
>>48
具体的な数値については、関係省庁の官僚や族議員(専門性を持った議員)が
膨大な各種統計を見て総合的に判断することで、
俺自身は残念ながらそれを判断する情報も知識も持ち合わせてないが、
一律5割、となると現行より負担が増大する方向性なので、現在の経済状況でそれを行うのは反対。

50: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 20:51:59.46 ID:uvCu94qS.ne

>>38
税制なんて政府/行政の都合でコロコロ変わるじゃないか。
それをお墨付きとして天下りに受け入れるのは主権在民じゃない。

>「負担できる人に多く負担してもらう」のは税制度の基本思想

どこが基本思想だよ? それは「取れる奴から取る」と等しいじゃないか。
社会インフラを使って金を儲けた奴は、その分を税として還元するのは構わないだよ。
それで得た金にゴタゴタ言うな。

>「社会メカニズムを動かしている原理」とは具体的に何の事

つまり上に言ったことだ。社会インフラを使い、社会ルールに従って経済活動をする。
それに対して(ショバ代としての)税金を払うのは構わない。税金が及ぶのはそこまでだ。

また貯蓄は、各々の将来設計の下に行うもの。それを唐突に法律を変えて奪うのは
政府/官僚どものご都合主義に他ならない。
金を貯めてるものが富を独占してるなどとは誤解だ。それは上層の数%。

63: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 21:13:07.22 ID:AlYKu3SR.ne

>>38
「取れる奴から取る」≒「負担できる人に多く負担してもらう」として話したつもりだが。

「政府/行政の都合」=「主権者たる国民の都合」だよ。
政府や行政を運営しているのは国民で、その判断については国民が責任を取らなければならない。

結局は国家運営について「自分たちが責任を持たなければならない」という
当事者意識に欠けるから「政府/官僚ども」なとと、敵対勢力への言葉が出てくるんだな。
その人たちを管理し制御しなければならない立場なんですよ、我々は。

自らの管理能力の無さを棚に上げて、政府をこき下ろしてれば手に入るような
安もんじゃないんだよ、「良い政治」ってのはね。

>>53
極端な話、インフレは実質的には金融資産への課税だが、
それは有史以来どこの国でも行われてきたことだ。

なぜ「金融資産」を「非金融資産」と区別して考えるのかが理解できない。
どちらも財産と言う意味では同じだろう?
非金融資産に保有税を掛けて良いなら、金融資産に保有税を掛けてダメな理由が無い。
それとも「貨幣」が何か神聖にして冒されざるべき特別なものとでも考えてるのかな?

67: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 21:25:35.12 ID:tYE+xa8Z.ne

>>63
インフレそういう時代もあったよ。
その時代は国債の金利も高かったな。
っで、財産税なんかなかったぞ。
金融資産はインフレに見合った運用ができた。

インフレが税だと抜かした国は決まって財政が悪化した国だ。
イタリアやアルゼンチンとかなw毒されてるぞ、お前の脳はw

日本の債務が積みあがったのはあくまでも見通しもなくばら撒きを続けた結果に過ぎん。

バカな国みたくインフレ税とか詭弁を弄するだけならまだバカを晒すだけで害は小さいが、
つけをすでに税を払って取り分として持っている資産から奪い取ろうというのは

強盗政策だ。

81: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 21:41:37.89 ID:AlYKu3SR.ne

>>67
毒されてるも何もインフレが「貨幣の保有量に応じて負担が増える(権利が減る)」という現象である以上、
実質的な財産税と見ることに何の不都合もない。
実際問題「インフレ税」で検索しても「infration tax」で検索しても広く流通した言葉であるのは明らかで、
特にインフレを税と見ることに疑義が出ているとは(少なくとも疑義を持つのが主流であるとは)認められない。

財産税が君の独自定義、独自理論における「貨幣、税制のあるべき姿」に反しているというのはよく分かったが、
結局は「税引き後の貯蓄から税を取るのは強盗行為だ、なぜならそれは強盗行為だからだ」という以上の説明を君はしていない。

過去どうだったか、という話は例示としては必要な場合もあるが、
例示は、基本的な理論が説明された上ではじめて意味を持つ。
「過去にあったかどうか」ではなく、「あるべき姿がこうだから」という形で、
「税引き後の貯蓄」がどういう意味を持つもので、それが非金融資産とどう違うのか、
その違いがなぜ課税の良し悪しを決めるのか、その辺りを詳しく解説していただきたい。

86: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 21:47:03.76 ID:tYE+xa8Z.ne

>>81
毒されてるじゃないかwwバカの論理に。

高インフレでもインフレに見合った運用ができる環境があるならインフレが起きたってインフレ税など存在しない。
運用法が無くても低インフレなら運用インフレ税は存在しない。

お前の脳はイタリア脳w

あくまでも債務が激増したのはインフレどうのじゃない。
無責任で無駄な支出を続けたからに過ぎない。

もっと論理を組み立てた説明をしろよ、バカw

101: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 22:06:36.18 ID:AlYKu3SR.ne

>>86
うーん、インフレを税と見ることを「馬鹿の論理」と言うなら、世の経済学者は馬鹿だらけ、という事か。
まあそういう君独自の見解を披露するのも悪くはないが、一般には通用しないだろうね。
せめて「インフレを税と見るのは間違い」というのが一般的な認識であると言う証拠を提示できるなら話は別なんだがなあ。
論文とは言わないから、せめてそういう記事とかコラムとか、そういうのは提示できないかね?
俺が軽くググったぐらいじゃ出て来ないんでな。

運用によって貨幣がこの世からなくなるわけではなく、貨幣は循環し、常に誰かによって保有されている。
インフレが起きたその時点で、その保有者が保有量に応じてその「権利」が減じられる。
だから、運用先があろうとなかろうと、貨幣を持つ人が居る限り、貨幣がこの世から消えない限り、
インフレを税と見なせることに変わりはない。

そしてそのことと債務が激増したことは関係が無い。
この世のすべての負債は必ず誰かの金融資産。
誰かが負債を増やすことなく金融資産を増やすことはできないし、
逆に負債が増えれば誰かが必ず金融資産を増やす。

国民が金融資産を増やすためには誰かが負債を増やさなければならないのだから、
巨額の負債が一概に悪いものであるとは言えない。特にそれが通貨発行権を持つ政府であるならね。

107: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 22:17:33.36 ID:tYE+xa8Z.ne

>>101
説明できないと世界の学者とか?
インフレ税なんて見てみれば、半分以上ハイパーとかセットで出て来るw
沢山あることはあるがな、与太話ばっかりじゃないか。

20年位前、イタリアがインフレ税とか抜かしておかしな金融緩和をやったがうまく行かず最後はユーロに落ち着いた。

経済規模が拡大するようなインフレでインフレに見合った運用ができる時に
インフレ税なんて言葉を一体どこで聞いた?
完全にバカボン読んで毒されてる文系バカだなw

114: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 22:37:03.98 ID:AlYKu3SR.ne

>>107
経済拡大によるインフレでは感じづらい、ってだけで、
実体として貨幣保有量に応じて権利を減じられるのは事実だからなあ。
金融緩和なんてそのユーロですらやってるわけで。

「権利をある割合ではく奪する」という点ではインフレも実際の税も変わらん。
それは経済拡大期かどうかとか、イタリアが言い出したとか、に関係なく、否定しようがない。
だからこそ、経緯はどうあれインフレ税という言葉が使われるようになったんだよ。

そして、そう見る事に対する有効な反論は君から現時点では為されていない。

116: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 22:43:47.73 ID:tYE+xa8Z.ne

>>114
なんだ、持って来れんのか?必死に探したけど無くてw
っで話の方向を変えて、感じられないだけとかwwwwwwww

とっとと持って来い。
世界の学者の常識なんだろ?

118: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 22:46:07.42 ID:AlYKu3SR.ne

>>116
ああ、「学者の世界」がお好み?では↓を。
http://scholar.google.co.jp/scholar?hl=ja&q=inflation+tax&btnG=&lr=
http://scholar.google.co.jp/scholar?q=%E3%A4%E3%B3%E3%95%E3%AC%E7%A8%8E&btnG=&hl=ja&as_sdt=0%2C5

この中から「インフレを税と見なすことの間違い」を指摘してる論文が1本でもあったら謝るわ。

121: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 22:49:19.70 ID:AlYKu3SR.ne
>>116
微妙にリンク化されてないみたいだから↓で「インフレ税」とか「inflation tax」とか入れて検索してくれ。
http://scholar.google.co.jp/schhp?hl=ja&as_sdt=0,5

73: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2015/12/07(月) 21:33:37.83 ID:uvCu94qS.ne

>>63
>「取れる奴から取る」≒「負担できる人に多く負担してもらう」

そこにどんな理屈や正義があるんだ? 何もないぞ。盗賊の理屈だ。

>政府や行政を運営しているのは国民で

違うだろ。運営を委託してるだけ。その運営がまずいなら、まずは政府を変えられる。
行政の実態たる役人どもを変えられないのは、今のシステムの欠陥だ。

>自らの管理能力の無さを棚に上げて

国民の管理能力とは、「(1)投票による政府の選択、(2)世論による政府/行政の牽制」しかない。
しかも(2)ははなはだ弱いのが見ての通りの現状だ。

>インフレは実質的には金融資産への課税

全然違うだろ。なにクソミソ一緒にしてんだよ。アタマ悪すぎるぞ。

>「金融資産」を「非金融資産」と区別して考えるのかが理解できない

オレは区別してるとは言ってないぞ。実際、区別しない。ただし「土地資産」は別だ。
日本国土という限られた資源を保有するのは特別なことだから、それに課税するのはOK。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク