アスピリン:アセチルサリチル酸

スポンサーリンク

アセチルサリチル酸

アセチルサリチル酸
Aspirin-skeletal.svg
Aspirin-B-3D-balls.png
IUPAC命名法による物質名
2-(acetoxy)benzoic acid
臨床データ
AHFS/Drugs.com monograph
MedlinePlus a682878
胎児危険度分類
  • AU:C
  • US:C 三ヶ月後はD
法的規制
投与方法 通常は経口
薬物動態データ
生物学的利用能 80–100%[1]
血漿タンパク結合 80–90%[2]
代謝 肝臓, (CYP2C19CYP3A), 一部は腸壁にサリチル酸塩に加水分解する.[2]
半減期 低用量のときは2-3時間、高用量のときは15-30時間[2]
排泄 尿(80〜100%)、汗、唾液、糞便[1]
識別
CAS番号 50-78-2 チェック
ATCコード A01AD05B01AC06

, N02BA01

PubChem CID: 2244
DrugBank DB00945 チェック
ChemSpider 2157 チェック
UNII R16CO5Y76E チェック
KEGG D00109 チェック
ChEBI CHEBI:15365 チェック
ChEMBL CHEMBL25 チェック
別名 2-acetoxybenzoic acid
acetylsalicylate
acetylsalicylic acid
O-acetylsalicylic acid
PDB ligand ID AIN (PDBe, RCSB PDB)
化学的データ
化学式 C9H8O4
分子量 180.157 g/mol
物理的データ
密度 1.40 g/cm3
融点 135 °C (275 °F)
沸点 140 °C (284 °F) (分解)
水への溶解量 3 mg/mL (20 °C)

アセチルサリチル酸(アセチルサリチルさん、: acetylsalicylic acid)は、示性式 C6H4(COOH)OCOCH3分子量180.16 の有機化合物である。代表的な消炎鎮痛剤のひとつで非ステロイド性抗炎症薬の代名詞とも言うべき医薬品ドイツバイエル社が名付けた商標名のアスピリン: Aspirin)がよく知られ、日本薬局方ではアスピリンが正式名称になっている。消炎解熱鎮痛作用や抗血小板作用を持つ。サリチル酸無水酢酸によりアセチル化して得られる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使用対象[編集]

現在用いられている用途[編集]

アスピリンは、関節炎痛風腎結石尿路結石片頭痛、さらに、小規模から中規模な手術後や、外傷生理痛歯痛腰痛筋肉痛神経痛などの鎮痛目的で使用される。この他、抗血小板薬として使用する場合もある。

wikipediaより掲載

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク