【瞑想】企業、軍、学校でも、「国を挙げて」瞑想するアメリカ社会

スポンサーリンク

引用元: ・瞑想について

601: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/25(水) 21:31:39.15 ID:9+ZykRGO0.n

■企業、軍、学校でも、「国を挙げて」瞑想するアメリカ社会

米国第3位の生命保険会社AetaのCEO、Mark T. Bertolini氏は、
自分がヨガや瞑想をしていることを明らかにしただけでなく、
約4万9000人の従業員に瞑想プログラムを提供し始めたという。

世界最大級の食品メーカーGeneral Mills(ハーゲンダッツの会社)の
Vice PresidentだったJanice Marturano氏は、2006年にマインドフルネスの
瞑想プログラムを同社でスタートさせ、これまでに500人以上が
このプログラムに参加している。今では同社のミネアポリス本社には、
敷地内のすべてのビルに瞑想ルームがあるという。

同氏は2011年に独立しマインドフル・リーダーシップ研究所を設立し、
今年「A Practical Guide to Mindful Leadership」という本を出版した。

オハイオ州選出のTim Ryan連邦下院議員は、熱心なマインドフルネス推進者の
一人で、2012年に「A Mindful Nation」という本を出版。
企業だけでなく、教育機関や軍など、国を挙げてマインドフルネスを
取り組むべきだと主張している。

また同下院議員は2013年に、オハイオ州の学校教育にマインドフルネスを
取り入れるための100万ドルの連邦助成金を確保している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク