【医学】難治性の白血病が発症するメカニズムの解明に成功 新たな創薬に期待

スポンサーリンク
1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/25(水) 08:18:26.98 ID:CAP

難治性の白血病が発症するメカニズムの解明に成功 -新たな創薬に期待- — 京都大学

本文:

奥田博史 医学研究科特定助教、横山明彦 同特定准教授らの研究グループはMLLキメラタンパク質がSL1と呼ばれるタンパク質複合体を利用して白血病発症へと導いている
ことを見出しました。

本研究成果は、英国科学誌「Nature Communications」誌の電子版で公開されました。

研究者からのコメント

白血病の治療は近年の抗がん剤治療の発展で治療できるケースが非常に多くなってきましたが、MLLキメラ遺伝子が原因の白血病は治療が難しく、強い抗がん剤を用いた治療や
骨髄移植をおこなっても多くの場合再発してしまいます。今回、我々が明らかにしたMLLキメラによる白血病化のメカニズムを基盤にして、将来新たな白血病治療薬の開発が可能と
なるかもしれません。

概要

染色体転座という遺伝子異常によってMLL遺伝子が異なる遺伝子と融合するとMLLキメラと呼ばれる異常タンパク質が生じ、このタンパク質が働くと難治性の白血病を引き起こします。
このタイプの白血病は乳児の急性リンパ性白血病の80%を占め、強い抗がん剤を用いた治療や骨髄移植をおこなっても再発しやすいものです。

そこで本研究グループは、独自に開発したタンパク質精製技術を用いて、このAF4中の白血病発症に重要な役割を果たしている部位に結合するタンパク質を探索しました。その結果、
SL1と呼ばれるタンパク質複合体がAF4と結合することを発見しました。これらの解析から、MLLキメラはSL1を利用してさまざまな遺伝子の発現を活性化し、細胞を白血病化させることが
明らかとなりました。

引用元: ・【医学】難治性の白血病が発症するメカニズムの解明に成功 新たな創薬に期待

2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/25(水) 08:24:03.70 ID:p45//gEz.ne
世界中の白血病がなくなりますように

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/25(水) 09:32:57.78 ID:Xzuqf4pM.ne
>>2
そゆ2get好きだぞ

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/25(水) 08:26:07.07 ID:vfwdKq4z.ne
さすが京大

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/25(水) 08:54:49.73 ID:5YAhnYo0.ne
乳児の急性白血病の80%の治療が可能になったら素晴らしいな
端緒を掴んだわけだ

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/25(水) 10:56:46.24 ID:lZcxC1cw.ne
協力会社はどこだろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク