【医学】脂肪肝や肝の繊維化を防ぐタンパク質「Gpnmb」を同定

スポンサーリンク
1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/27(金) 07:57:45.14 ID:CAP

脂肪肝や肝の繊維化を防ぐタンパク質「Gpnmb」を同定 – 国立大学法人 岡山大学
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id355.html

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(医)腎・免疫・内分泌代謝内科学分野の和田淳教授、片山晶博大学院生らの研究グループは、肥満ラットの内臓脂肪組織に
増加するタンパク質「Gpnmb (glycoprotein nonmelanoma protein B)」を発見。Gpnmbが脂肪肝や肝の線維化を抑制すること、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)が
進行した患者で血清Gpnmb値が高値であることを世界で初めて明らかにしました。本研究成果は11月19日、英国のオンライン科学雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。
現在、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、世界における慢性肝疾患の主因となっており、患者数が増加しています。進行性のNASHの確定診断には、肝組織の
一部を採取して検査する必要があります。
本研究成果によって、Gpnmbを治療ターゲットとしたNAFLDの治療法の開発や、Gpnmbの血中濃度を測定するNASHの簡便な診断法の開発が期待されます。

<業 績>
岡山大学の和田教授、片山大学院生らの研究グループは、肥満ラットの内臓脂肪組織に増加するGpnmbを同定することに世界で初めて成功しました。
今回、本研究グループは、Gpnmbを内臓脂肪細胞、マクロファージに過剰発現させたマウスを高脂肪高蔗糖食で飼育。飼育した肥満状態のマウスと野生型マウスを比較し、
脂肪肝や肝の線維化が抑制されることを突き止めました。さらに解析を進めた結果、過剰発現させたGpnmbは肝臓内のマクロファージや星細胞に存在し、カルネキシンという
物質と結合することで酸化ストレス、脂肪沈着、線維化を抑制することを明らかにしました(図1)。
また、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)患者の中でも特に非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に進行した患者で血清Gpnmb値が高値であることを見出しました。

<見込まれる成果>
近年、NAFLDは世界における慢性肝疾患の主因となっており、先進国ではその頻度は30%を越えてさらに増加しています。NASHはNAFLDの進行した状態であり、現在、
確定診断のためには侵襲的な肝生検(肝組織の一部を採取して顕微鏡で観察)が必要です。
本研究で同定したGpnmbがNASHの新たなバイオマーカーとして診断を容易にする可能性があります。また、GpnmbがNAFLDに対する新たな治療ターゲットになることが期待されます。

(以下略)

引用元: ・【医学】脂肪肝や肝の繊維化を防ぐタンパク質「Gpnmb」を同定

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/27(金) 08:03:05.18 ID:Sz0TUF1Z.ne
ど、ど、ど、ど、同定ちゃうわ!

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/27(金) 08:06:00.15 ID:e57hbOe9.ne
岡大って何気に凄いよな。
肺とか心臓とかの外科手術も日本トップレベルだし。

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/27(金) 08:12:03.39 ID:dCU4WYa5.ne
ドーテー?

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/27(金) 08:56:04.47 ID:uh8fl7ys.ne
2か月ジムで毎日走ったら、脂肪肝がすっかり治ったわ

8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/27(金) 09:17:13.14 ID:zihrQi92.ne
>>6
いいな
俺もモビルスーツ好き勝手に乗り回してみたい

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/27(金) 08:59:04.95 ID:s2wtsfRO.ne
俺も酒ほとんど飲まないけど脂肪肝だわ。肝癌おそろしす。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク