三重県が医師法違反容疑で嘱託医告発 診察せず死亡診断書

スポンサーリンク
1: トト◆53THiZ2UOpr5 投稿日:2015/11/14(土)19:03:14 ID:ldn

診察せず死亡診断書 名張の特養嘱託医を告発 県、医師法違反容疑で
>>2015/11/14(土)

診察をせずに死亡診断書を交付していたとして、県は十三日、医師法違反
(無診察治療等の禁止)の疑いで、名張市赤目町長坂の特別養護老人ホーム
「名張もみじ山荘」で嘱託医を務める男性医師(73)を名張署に告発したと発表
した。告発は九日付け。この施設がオープンしてから今年六月までの四年間で、
少なくとも十九人の死亡診断書を無診察で交付していたとみられる。

県によると、告発容疑は六月二十二日未明に死亡した八十代男性の死亡診断書
を診察せずに交付した疑い。この施設では平成二十三年五月から同日までに、
五十人の入所者が死亡しているが、うち少なくとも十九人の死亡診断書を無診察
で交付していたという。

(略)

男性医師は県の聞き取りに対し、無診察で死亡診断書を交付したことを認め、
理由について「中国旅行で日本にいないときがあったことが発端だった」と説明。
「段取りを少し間違ったようで申し訳ない。マンネリ化していたことが反省点だ」
と話したという。

(以下略)

※全文は伊勢新聞でご覧下さい。
http://www.isenp.co.jp/news/20151114/news01.htm

引用元: ・【社会】三重県が医師法違反容疑で嘱託医告発 診察せず死亡診断書[H27/11/14]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク